ビデオチャットのウェブ接客の可能性について考えてみた

最近、ビデオチャットのウェブ接客サービスのニュースを、ちらほら見かけるので、動画コミュニケーションの接客、お買い物体験でできそうなことを考えてみた。

 

先日、体験したこと

スーパーに一人で味噌を買いに行ったのですが、僕は味噌の知識が全くないので、味噌に詳しい相手とLINEビデオ通話をしながら、店頭にある味噌を動画で撮影しつつ、音声でも「○○という商品が置いてあるけど、どれがよいかな?」と、どの味噌を買えば良いのか相談にのってもらいました。

テキスト、写真だけのコミュニケーションだと、商品を選ぶまでに時間がかかってしまうところを、動画と音声のコミュニケーションは商品選びの決断がスムーズでした。

 

ビデオチャットと聞くと、顔を見せるという用途を想起しがちですが、スマホで映像を撮影して見せることで

 

▼売る側にとっては

  • ・写真だと伝えるのが難しい商品の使用感や魅力を伝えることもできるかもしれない。
  • ・複数の商品を並べておけば、ウェブページだと難しい比較もスムーズに行えるかもしれない。
  • ・商品のサイズ感とか、使用感をリアルタイムに質問と回答を交えながら行える。

▼買う方が動画を流す立場の場合

  • ・例えば、機会の部品探しているけど、どの型番か自分じゃ判断できない場合に、写真よりも動画で、プロに見せた方が探している部品を伝えやすい。
  • ・自分の部屋をうつして、この部屋にあうインテリア雑貨を…みたいな抽象的な相談も可能。

 

といった可能性が色々広がりそうだなと思いました。


接客に使えそうなビデオチャットサービス等

LiveCall https://livecall.jp/

Moshi Moshi Interactive http://moshimoshiinteractive.com/jp/

動画チャットFacePeer https://www.face-peer.com/index

医師とモバイルでビデオチャット
https://ecnomikata.com/original_news/8539/
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップの販促相談をするLINE@を開設してみました。

 ネットショップの販促相談をするためのLINE@をはじめてみました。

過去にショップの販促相談をするイベントでアドバイスしたショップさんから、またアドバイスをして欲しいと言われたり、相談に乗る中で自分なりにも気付きがあったので、プライベートでも可能な範囲で相談にのる窓口として作ってみました。

ネットショップ販促相談LINE@byアタカで相談に乗れそうなこと

* 集客:現在1日のPV・UUが1桁のショップが1日100〜1,000超えるレベル程度になるまでにできそうなことの提案。
* ネットショップのコンセプト作成:毎日たくさんのネットショップをチェックしているので、同じジャンルで参考になりそうなネットショップを紹介したりします。
* ページの作り方:ショップを作ってみたものの、これでページの作り方良いの?という方にセオリーにそった視点でのアドバイスや、同じジャンルで参考になりそうなページを紹介します。
* ソーシャル運用
* 広告
* アクセス解析、分析手法
* 最近のEC、ネットショップの動向について

などのご相談にのります。

LINE@を運用したことがないのですが、月に一回友達登録してくれた人に一斉送信もできるみたいなので、最近興味をもったネットショップ運営やECのトピック配信などもできればと考えているので、そのようなトピックに興味をもっている方もお気軽に友達登録していただければと思います。



友だち登録はスマホでこのページを見て、下記のボタンを押すか

友だち追加

スマホで http://line.me/ti/p/%40yep5057y にアクセスしてみてください。

QRコードから登録↓
ご相談について

カラーミーショップの機能に関するお問い合わせは、私個人に聞くよりもカラーミーショップのお問い合わせフォームまでご連絡いただいた方が早く適切な回答が可能ですので、お問い合わせフォームまでお願いいたします。

相談は無料で受け付けますが、お一人様週1回まででお願いします。

具体的に困ってることがあれば、困ってることを詳しく教えていただけると、適切な回答ができると思います。

具体的に困っていることがない場合でも、ショップのURLを送っていただければ、購入者視点で、お買い物する際につまづいた点等を回答できると思います。

全てのご質問に満足いただけるような回答を保証するものではございません。


以上

イベント等でお会いするショップさんからよく「ネットショップ運営は孤独」と言われることが多いのですが、一人でネットショップ運営していると、今のままで本当に良いのだろうか?って不安がうまれると思います。
そのような方のお話相手にはなれると思うので、カラーミーショップをご利用の方もそうでない方も、これからネットショップを始めようと思っている方も、お気軽にご相談ください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

before afterを訴求した広告と商品ページ 財布bellroy


 今日ブログを更新しようと思ってJUGEMの管理画面に掲載されてた商品の販促が良いなと思ったのでメモ

管理画面に掲載されてたバナー1
1837773351089556444.jpg

管理画面に掲載されてたバナー2
6369363559080558123.gif

バナーが良いなと思った点
・一目見て商品の強みを理解できた。
・クリエイティブがかっこいい

バナーの飛び先URL

商品ページ

商品ページ良いなと思った点
・商品の強みをわかりやすく解説。
・キャッチコピーが明快、かつ読みやすい。
・説明が長々してなくて、ビジュアルをうまく使っていてすぐに商品特性が理解できる。
・スライダー使って財布の厚みを比較するなど、ちょっとした遊び心も素敵
・ページのデザインのクオリティーが高い。
・幾つか種類がある商品を、買う人の目線で分類して紹介。




いま財布欲しい時期ではなかったので購入はしなかったけど、いつか財布欲しい時に候補の一つにはいりました。

商品を訴求する方法から広告出稿の一連の流れをフレームワーク化することができたら販促支援に繋がるかもと思ったので、ブログに残しておきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
1
最近の記事
あたかランチの記録 ( 02/28 )
麻婆豆腐を作った ( 02/22 )
Amazonプライムビデオの「東京女子図鑑」 ( 02/06 )
#あたかゴチキャンペーン 開催!参加者募集(主に社内向け) ( 02/02 )
Bluetoothのイヤホンを購入。 ( 02/01 )